独占禁止法antitrust_law

2005年に独禁法の改正が行われました。課徴金算定率の引き上げや犯則調査権の導入といった制度改正によって公正取引委員会が厳格に違反行為に対処できるようになりました。近年では、公正取引委員会が、積極的に企業の違反行為に対して勧告、摘発、指導等を行っております。企業にとっては、違反行為の防止のため、コンプライアンスへの取組が一層重要となっています。

M&Aを行う際、独禁法にかかわる問題が発生するケースも少なくありません。

また、事業再生を実施する過程で、ガバナンスの強化、コンプライアンス体制の整備が必要となるケースもあり、これに対し、適切に対応致します。

コメントは受け付けていません。