センチュリー法律事務所による労働問題に特化したサイトです。
  • スライドショー1
  • スライドショー2
  • スライドショー3

解決するために

弁護士に相談してから、問題が解決に至るまでのステップを紹介します。

解決方法・費用

不当解雇や残業代未払いなどのトラブルの場合、弁護士を通じて解決する方法は、大きく分けて3つあります。

相談担当弁護士紹介

あなたの代理人として問題解決にあたる、当事務所の弁護士をご紹介します。

典型的な相談例

(解決事例)退職勧奨がなされたケースで解決金として給与約6か月分の支払がなされる示談が成立した事例

(事案の概要) ご相談者様(正社員)に対し、事業部門閉鎖を理由とする退職勧奨がなされた事例で、職場復帰・未払残業代の支払を請求いたしました。 (解決の概要) 弁護士が代理人として交渉し、受任から約1.5ヶ月後に、会社が解 …

(解決事例)退職勧奨がなされたケースで解決金として給与約9.5ヶ月分の支払がなされる示談が成立した事例

(事案の概要) 正社員に対し、部署閉鎖を理由とする退職勧奨がなされた事例で、ご本人が会社と交渉しましたが、会社が退職給付として給与の約8ヶ月分を提示した後、増額に応じないことから弁護士に相談されました。 (解決の概要) …

(解決事例)固定残業代制度が無効であるとして、未払残業代を請求したケース

【ご相談事例の概要】 当初退職勧奨のご相談を受けておりましたが、相談者様と協議のうえ、退職については争わず、未払の残業代を請求することとしました。 相談者様の会社では1ヵ月60時間分の時間外労働が固定給に含まれるとする固 …

(解決事例)解雇に対し労働審判を申し立て、給与12ヶ月分の和解金支払が認められたケース

新規事業の立ち上げのため採用されたが、新規事業が軌道にのっていないため解雇される。 労働審判を申立て、会社が給与12か月分の和解金の支払いをする調停が成立した。

裁判所

(解決事例)退職勧奨後1ヶ月半で、給与12ヶ月分の解決金支払を条件とする示談が成立したケース

【事案の概要】 整理解雇相当の事由があることを理由に、会社が依頼者を含め従業員数名に対し、「1ヶ月後に退職してもらう」ので合意書にサインするよう求め、依頼者はまだサインしていないのに、対象者全員の退職が社内公表されたとい …

握手
PAGETOP